プチ整形についての説明


 プチ整形についての説明
   
肌のキメ・くすみ・美白

ケミカルピーリングやレーザー治療で、肌の透明感やなめらかさを取り戻す方法です。
ケミカルピーリング
ケミカルピーリングは、皮膚の表面にたまった古い角質をグリコール酸やサリチル酸で余分な角質や毛穴に詰まった老廃物を溶かし、肌のターンオーバーを正常化させる方法です。

炎症しているニキビにも使用できるほか、ニキビ跡や毛穴のデコボコ、くすみの改善にも効果が期待できます。1回の施術でも効果を実感できますが、7〜10日おきに数回行うとより効果的です。

IPL

IPLとは、IPL(インテンス・パルス・ライト)という特殊な光を照射する方法です。
しみなどの色素異変がある部分のみに反応するため、肌へのダメージがとても少ないことが特徴です。
治療時間が短く、施術後すぐに洗顔やメイクも可能です。

しみ治療のほかにも、コラーゲン などを生成する細胞を活発化させるため、しわ・赤ら顔・ニキビ・そばかす等の治療にも応用できます。


レーザー治療
真皮層に届いたレーザーが線維芽細胞を刺激し、コラーゲンやエラスチンの生成を促し、肌を活性化させることで、肌のキメ・くすみ・色肌本来のきめ細やかなハリのある状態に近づけます。

イオン導入
イオン導入とはイオントフォレーシスともいい、皮膚に微弱な電流を流すことで、水溶性の薬物を皮膚内に効果的に導入する方法です。浸透できるのは主に小さな分子量のものだけで、コラーゲンやヒアルロン酸等は肌の中へ入る事はできません。イオン導入法は注射器を使わずに済むので、患者の負担を大きく減らすことができ、近年多くの研究がなされています。美容目的のビタミンC誘導体のイオン導入が有名です。

効能として、美白作用・皮膚のコラーゲン増加によるタルミ.ニキビの予防・ニキビ跡の赤み・しみの改善・肌のくすみを改善があります。また、 ケミカルピーリングと組み合わせることにより、いっそう高い効果が得られます。



関係ページ